アパートとマンション何が違う?築年数?それとも家賃?

スポンサーリンク

ネットなどで物件を探していると、種別が”アパート”や”マンション”などと選ぶことができます。

物件資料にも”賃貸アパート”や”賃貸マンション”などと表示されていますよね?

その時、物件をどう探していますか?

「家賃が高そうだから、このチェックは”アパート”かな?」

「アパートだと音漏れがすごそうだから、ここは”マンション”に絞って検索かな?」

「”アパート”だと、なんか古そうだから”マンション”がいいな。」

なんて、判断基準になっていませんか?

 

実は、その基準で「アパート」or「マンション」を選ぶのは間違いなんです!

そのチェックひとつで、もしかしたらいい物件を見逃しているかも…

そんなことにならないように、”アパート”と”マンション”の違いについて知っておきましょう^^

1.何がどう違う?アパートとマンション

まず始めに、その違いは建物の構造です。

築年数や家賃や、防音性は全く関係ありません。

マンションより優れた、防音設備があるアパートもあるし、古くて家賃が安いマンションだってもちろんあります。

なので、”アパート””マンション”で区別するのではなくて、「建物の構造」で判断してください^^

ただ、この「アパート・マンション」と分けるには、明確な決まりがないんです。

この建物をどう呼ぶかは、不動産屋さんやハウスメーカー、不動産物件の検索サイトなどの
それぞれの企業の社内規定で分けられています。

ただ、木造をマンションと表示したり、鉄筋コンクリート造をアパートと表示したりはありません。

気をつけてみるポイントは、軽量鉄骨造の建物。

大手のハウスメーカーの集合住宅は、軽量鉄骨造の建物も多く、そこでは「マンション」と表示されているんだとか。

なので、違いがあるとしたら、”軽量鉄骨造”がアパートになるか”マンション”になるかの差くらいのようです。

 

では、その構造で何が違ってくるのかが気になりますね。

 

2.アパートとは?

一般的に、「木造」か「軽量鉄骨造」の2階建てまでの建物のことを指します。

※どちらも「アパート」です^^

2-1.木造と軽量鉄骨造とは?

土台や柱、梁、桁などといった建物の主要構造部材を、木材を使って造る建物のこと。

そして、部材の1部が軽量鉄骨で、材料を工場で作り現場で組み立てるのが、軽量鉄骨造

どちらも、耐久性にそれほどの差はないとされています。

 

2-2.木造と軽量鉄骨造のアパートは?

特徴としては、もしも万が一火災など起こってしまった場合は、燃えやすい造りになります。

防音性は、マンションに比べると低い建物が多くなります。

建築費用はマンションよりもかからないため、同じ時期に同じような部屋の造りであれば、家賃は安く設定されています。

 

 

3.マンションとは?

※どちらもマンションです^^

鉄骨造、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの堅固な構造の建物で、3階建て以上の建物を指しています。

マンションの構造は、使っている材料によって分けられます。

 

3-1.マンションの違いは?

よく、アルファベットで表示されているのを見たことはありませんか?

 

マンションで一番多いのが「RC構造」と言われるものです。

これは「鉄筋コンクリート造」のことで、鉄筋とコンクリートによる建物。
それぞれの弱い部分をカバーし合っているため、強度が優れた建物です。

 

次に多いのが「S造」と言われる「鉄骨造」の建物です。

これは、柱や梁などの部分に鉄骨を使用していて、建物の重量自体はRC造に比べ軽いため、
強風や地震などの揺れに影響されることが多いです。

 

そして最後に「SRC構造」と言われる「鉄骨鉄筋コンクリート造」の建物です。

これは、名前から想像がつくように、「鉄筋コンクリート」と「鉄骨コンクリート」のよさを取り備えたもので、タワーマンションのように高層マンションでよく使われる構造です。

コストは、この3構造の中では一番かかるものになります。

 

3-2.マンションの特徴は?

こういった構造でできているマンションは、火災に強く、防音性も高いものが多くなります。

そして建築コストも高い分、同等のアパートに比べたら家賃が高くなります。

そして、エレベーターがついていることもあるので、家賃の他に「共益費」などもかかったりする場合が多いでしょう。

 

 

4.まとめ

「アパート・マンション」には明確な定義がないので、極端な話、何と呼ぶかは、物件を紹介している業者次第。

でも、ほとんど業者は、木造や軽量鉄骨造の2階建て程度の建物を「アパート」とし、鉄骨やコンクリート造の3階以上の建物をを「マンション」とし区別しています。

差があるとしたら、「軽量鉄骨造」をアパートとするかマンションとするか。

構造とその構造のポイントを押さえておけば、正直どちらでもいいといったところですよね^^

なので、アパート・マンションで区別して物件を見るのではなくて、「構造」をしっかり確認し探していってみてくださいね。

「マンション」より家賃の高い「アパート」もあります。

「アパート」より古い「マンション」もあります。

是非、呼び名ではなく建物の構造で見分けて、自分の合った物件を探してみてくださいね^^

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

コメントを残す