不動産に関わる資格について。

【民間資格編】不動産関連の資格は?受験詳細と難易度は?Part.2

転職やスキルアップに役立つ不動産資格を取得したいと考えていませんか? こちらの記事では、不動産関連の民間資格についてご紹介していきます。 初めて聞くような資格から、何となくでも聞いたことのある資格、多くの方が知っている資格まであります。 下の「目次」から、気になった資格へジャンプできます。 ≪関連記事≫ http://roas01.com/mi

続きを読む

【民間資格編】不動産の資格は何がある?受験詳細と難易度は?Part.1

転職のため、スキルアップのためなどといった理由で、不動産の資格を取りたいと考えている方はたくさんいますよね。 この記事では、よく知られている有名な「国家資格」ではなく、「民間資格」をご紹介していきます。 まだまだ認知度も低い資格も合わせると、結構な数になります。 下の「目次」から、気になった資格へジャンプし読んでいただければと思います。 それでは一気にいきますね

続きを読む

不動産資格のひとつ・競売不動産取扱主任者とは?難易度は?

(この記事は2018年11月に更新しています。) 不動産関係の資格といえば、「宅建士」はメジャーですが、他にも「競売不動産取引主任者」という資格があります。 実はこの資格は、2018年で8回目の試験を迎えます。 そして、今現在、全国で2,600名以上がこの資格を持ち活躍しているそうです。 とは言っても、多いのか?少ないのか? 数年前のデータにな

続きを読む

宅建の他にも!不動産に有利な資格・賃貸不動産経営管理士とは?

宅建士の他にも、不動産業界で有資格者の設置義務がある資格を知っていますか? その資格とは、「賃貸不動産管理士」です。 宅建士と同じように”国家資格化”へ向けて、資格価値がどんどん大きくなっています。 今回は、そんな「賃貸不動産管理士」の資格についてご紹介していきます。 1.賃貸不動産管理士とは? 賃貸アパートや賃貸マンションを中心とした”賃貸住

続きを読む

【2018年】宅建試験申し込み方法は?ネットでできる?

2018年(平成30年)10月に初めて宅建試験に挑戦! 試験を受けるにはどうしたらいいの?ネットで申込みができるの? 試験申し込み方法や、費用、試験日や合格発表までの流れについての話です。 ※6/1に確定したスケジュールをもとに情報を更新しています。(6/4更新) 1.2018年(平成30年)の宅建の試験日はいつ? 2018年10月21日(日)13:00~15:00

続きを読む

記憶力を鍛えるトレーニング?これで宅建試験合格を目指せ!

宅建の勉強をしていると、覚えなきゃいけないことがたっくさん! 35条に37条?重説?やら用途地域?やらで、脳みそパンパン状態(笑) いやいや、笑いごとじゃなく、本当に大変ですよね。 用途地域のそれぞれの制限に、わけのわからないロゴ合わせを考え覚えましたよ^^; 「第一種住居…容積率…建ぺい率………」 そんな時は、この記憶力を何とかしたい!記憶力をアップさせる方

続きを読む

宅建試験勉強が続かない、集中できない…そんな時は?

2018年宅建試験合格を目指し、毎日勉強に励まれている方! やる気はあるのに、なかなか集中できない… もっと集中力が上がれば、効率よく勉強できるのに… そう思ったことはありませんか? 集中できるのは限度があるんです! やり方を変えれば、集中力が持続し、効率的に勉強を進めることができますよ^^ それには、どんな方法があるか見ていきましょう! 1.集中力が持続する限界

続きを読む

宅建に独学で合格を目指す!テキスト選びに迷ったら?

2018年10月の宅建を目指し、勉強を始めようとしている方、何を用意したらいいか迷っていませんか? 下調べせずに書店へ行ってしまうと、その種類の多さに迷ってしまいますよね。 1冊3,000円前後するものが多いので、「失敗はしたくない!」 そんなあなたに、用意するものと、数種類のテキストをご紹介します。 http://roas01.com/studystart

続きを読む

2018年宅建合格に向けて!勉強時間とスタート時期は?

2018年の宅建合格を目指して、勉強をスタートさせようと思っている方が多いのでは? そこで気になるのは、 何か月前から、勉強をスタートさせたらいいか? 合計何時間くらいの勉強時間が必要なのか? ではないでしょうか? 今回は、宅建合格に向けての必要勉強時間と、スタートするタイミングにまとめました。 1.勉強時間とスタート時期は誰でも同じ? 一般的に言われ

続きを読む

「住宅宿泊事業法」施行で広がる宅建の重要性とは?

2018年今年の6月から施行される「住宅宿泊事業法(民泊新法)」を知っていますか? 宿泊施設と言えば、ホテルや旅館などがありますが、これらは”旅館業法”が適用されている建物です。 これから”住宅宿泊事業法”が施行されることによって、一般の住宅を宿泊施設として、貸し出すことができるようになるんです。 しかも、一定の要件を満たしていれば全国どこでも! ただ、もっと詳しく

続きを読む