【物件探しまとめ】はじめての契約から入居まで・注意することは?

 

スポンサーリンク

部屋が決まると、次はいよいよ契約へと進みます。

部屋を借りるためには「入居審査」があるのがほとんどで、誰でも必ず希望の部屋に入居できるわけではありません。

入居審査の仕組みは?落ちる原因と審査に通るためには?
アパートやマンションなどの賃貸物件を借りる時には、内容や方法は違っても必ず「入居審査」というものがあります。 簡単には「安心して貸すことができる方」なのかどうかを総合
2018-05-10 01:10

 

入居審査に問題がなければ、契約へと進んでいきますが、そこからは特に、専門的な内容が多くよくわからない」けど、「まぁ~こんな感じなんだろう」と、どんどん進めてしまいがちです。

でも内容の理解不足で、入居中や退去時にトラブルになってしまったら?

この記事では、部屋が決まった後の契約~入居までの流れに沿って、どこでどんなことに注意すべきかをまとめました。

 

その前までの「部屋探しのコツ」はこちらで紹介しています。

【物件探しまとめ】はじめての部屋探し・失敗しない部屋探しとは?
初めてのアパート・マンション探しをされる方は、わからないことがたくさんですよね。 でも実際には、何も知らなくても、不動産屋さんに行ってしまえば、契約→入居ができてしまいます。
2018-07-02 16:20

 

1.入居申込書の記入

部屋が決まり、不動産屋さんに戻ると契約に向けての話へと進みます。

ほとんどの場合が、「入居申込書」を記入してもらうことから始まります。

その書式に決められたものはなく、不動産屋さんによって様々です。

大手不動産会社の管理物件であれば、家賃がクレジットカード払いとなり、カード審査がある場合もあります。
その結果次第で、入居可・不可の審査をされます。

1-1.入居申込書の内容

あなたの基本的な個人情報を記入します。
・氏名
・現住所
・連絡先
・勤務先(名称、所在地、電話番号、年収も記入する場合あり)
・緊急連絡先か連帯保証人の情報(保証会社への加入が必要かどうかで違う)
審査が通るように、ちょっとごまかしてしまいたくなる内容もあるかもしれません。
でも、正直に記入しましょう!
嘘はバレます。バレて信頼をなくしてしまいます。

1-2.入居日、契約日を決める

いつから入居し、そのために契約はいつにするかを決める必要があります。

 

基本的に、入居したその日から家賃が発生し、契約日は当然入居日よりも前になります。

 

一般的には、月途中からの入居でかかる家賃は日割りで計算されます。

1ヵ月分の家賃を実際の日数で割って計算する場合と、一律して30日で割り計算する場合が一般的です。

 

その違いは、管理会社や契約する不動産屋さんで決まっていたり、大家さんの考えによるもの。

もし、入居する時期が繁忙期でなければ、日割り家賃はサービスなんてこともあります。

 

他にも、借りる時期によっては、数ヵ月分家賃サービスなんて物件もあります

賃貸・フリーレント契約とは?お得なだけ?そうじゃない注意点も!
フリーレント契約って知っていますか? ここ数年は、結構浸透してきているので、知っている方も実際に契約した方も多いのでは? 簡単に言えば、「数ヵ月分の家賃をサービス」する
2018-04-27 12:56

 

入居日が決まれば、初期費用の見積もりが出され、契約日の決定へと進みます。

初期費用は大体、家賃の5ヵ月分前後です。

 

敷金や礼金などかかる費用は、物件や管理会社により違います。

敷金・礼金とは?支払額は同じでも、仕組みは全く別?
物件概要にも表示してある「敷金」「礼金」 実際に部屋を借りたことがなくても、よく聞くことなので、知っている方はほとんどだと思います。 でも、本当にその2つの仕組
2018-03-07 00:04

 

火災保険への加入は、どこで契約しても必要となります。

賃貸に火災保険は強制?自分で加入・更新も可能?
(この記事は2018年11月に更新しています。) 賃貸契約の際に、流れるように加入させられる火災保険。 「なんだか、当たり前のように初期費用に含まれているけど、加入は強制な
2018-03-11 01:35

 

借りる部屋や時期によっては、値引き交渉ができる場合もあります。

家賃や初期費用は値引きは可能?できる時期と初期費用を抑える方法
(この記事は2018年11月に更新しています。) 「気にいった部屋が見つかったけど、ちょっと予算オーバー・・・」 「物件はいいけど、初期費用が高い・・・」
2018-03-26 00:21

 

2.契約はどんなことをする?

スポンサーリンク

2-1.契約のおおまかな流れ

最初に、契約についての説明を受けます。

それが「重要事項の説明」というもので、不動産に関わる資格を持った「宅建士」が説明をしなければいけないと決められています。

この説明を受けた上で、問題なければ、それぞれの書類に署名・捺印するのが、契約の大まかな流れです。

 

ここでのチェックポイントは、

  • 契約のに重要事項の説明を受けたか?
  • 宅建士が免許証を提示の上で説明をしたか?

 

なので、免許証を提示できない電話での説明は、法律上NG。

ただ、遠方からの引越しの場合、部屋探しに1回、説明を受け契約に1回、不動産屋さんに出向く必要があることから、

郵送で書類を確認してもらい、問題なければ引越しの時に説明、契約、そして入居などと進めるところも多いようです。

手間や交通費などに問題がなければ、その都度出向くのが本来の契約方法です。

 

 

もし先に契約内容の確認をする場合はチェックしてみてくださいね。

賃貸借契約書・サインする前にチェックするところは?
気に入った部屋が見つかったら、いよいよ賃貸借契約になりますね。 初めてアパートやマンションを借りる方はドキドキ、ワクワクですよね^^ 今回はそんな方に、契約時にチェック
2018-04-30 22:44

 

2-2.初期費用の支払い

契約書のやり取りが終わると、初期費用の支払いをします。

基本的には現金で支払うものです。

 

ただ、よく聞かれるのは「クレジットカードで払えますか?」ということ。

賃貸契約にかかる初期費用とは?クレジットカードで支払える?
アパートを借りたいけど、最初にいくらかかるの?と疑問を持つ方も多いはず。 以前、一人暮らしをしようとしていた妹が計算していたのは、 「敷金2ヵ月と礼金1ヵ月だから、5万
2018-05-15 13:58

 

3.入居前の注意

契約も済み、初期費用の支払い済ませると、あとは入居日を待つだけになります。

 

その間に、いろんな変更手続きが必要となる方も多いでしょう。

 

その中で、初めての方が見落としがちなのが、ガスの開栓手続きです。

電気、水道はインターネットでも、電話連絡でも簡単に済む場合がほとんどですが、ガスの場合は立会が必要です。
連絡を忘れてしまうと、その日から、お湯が使えないなんてことにも…

不動産屋さんによっては、代行手続きをしてくれるところもありますが、確認は必要です。

 

都市ガス、プロパンガスによっても違います。

【部屋探しの条件】都市ガスとプロパンガスの違いは?
部屋探しに来た方から、どんな物件を探しているかの聞き取りをして、条件に合う物件を紹介していくのが、不動産屋さんの一般的な流れです。 「そんなのいいから、とにかく物件見せて」と
2018-05-25 15:23

 

4.入居時の注意点

いよいよ引越し日当日。

ほとんどの場合、この日に部屋の鍵を受け取ることできます。

部屋に入ったら、一番最初にすることは、「入居前のチェック」です。

不動産屋さんによっては、入居時に立ち会うところもありますが、そうでないところも多いです。

 

どちらの場合でも、入居する前の部屋の状態を確認しておくことで、退去時のトラブルが防げます!

【賃貸】入居時のチェックって何?その重要性を解説します!
新しい部屋で、新生活。 初めての一人暮らしや、初めての場所での新生活、これから始まる2人暮らし・・・など 不安なことももちろんあるけど、なんだか楽しみで
2018-03-20 01:21

 

5.まとめ

部屋が決まってから、入居までの注意点をまとめました。

 

新生活へのわくわく感などで、見落としがちになったり、流してしまいがちな契約ですが、注意すべき点はたくさんあります。

特に、契約内容をしっかり確認することや、入居時に部屋の状態をチェックすることは、とても大切です。

 

私の失敗談は、退去時の日割り家賃です。契約書には、しっかりと記載がありましたが、「退去時の家賃は月割りとする」といった内容です。

1日に退去しようが、30日に退去しようが、1ヵ月分の家賃がかかってしまうこと。

契約書を確認していれば防げた失敗です…

 

敷金に関しても知識がなさすぎて、しっかり清算され返金されたことは、5回中2回のみ。

「敷金=返金されないもの」という感覚だった程です。

 

そんな失敗がないよう、これから部屋を借りされる方のお役に立てたらうれしいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

スポンサーリンク

 

コメントを残す