【部屋探しの条件】都市ガスとプロパンガスの違いは?

部屋探しに来た方から、どんな物件を探しているかの聞き取りをして、条件に合う物件を紹介していくのが、不動産屋さんの一般的な流れです。

「そんなのいいから、とにかく物件見せて」と思う方もいるかもしれませんが、とにかく希望する条件を思いつく限り上げていくのも、部屋探しの成功例だと思います。

「新しくてキレイで安くて、駅から近くて、設備も充実してる広い部屋」はまずないですが、条件のやり取りをしているうちに、自分自身も優先順位が見えてきます^^

そんな中で条件に上げる方も多かったのが、「都市ガス」の物件です。

なんで?と聞くと、決まって「安いから」と答える方が9割以上でした。

プロパンガスに比べると、料金が安いのは、ほとんどの方が知っていることですが、他にどんな違いがあるか知っていますか?

今回は、都市ガスとプロパンガスについてまとめました。

スポンサーリンク

1.都市ガスとプロパンガスって何が違うの?

どのくらい違いを知っていますか?

1-1.利用料金

一番は料金の違いです。

都市ガスは公共料金なので、自由に料金設定ができるプロパンガスと比べ、安くなります。

都市ガスに比べプロパンガスの料金は、約1.5倍くらい高くなります。

そもそもの基本料金からそのくらいの違いがあり、プラス使用料金がかかるので、差が大きく出てくるわけです。

供給会社によっては、もっとそれ以上違うところもあります。

 

1-2.熱量の違い

1㎡あたりの熱量を見ても、その差は約2倍でプロパンガスの方が高くなっています。

ただ、この違いが料理する時の火力に関係するわけではないので、賃貸の部屋に与える影響の差はほとんどありません。

 

1-3.供給方法

都市ガスは、地中に埋まっているパイプによって供給されています。

それに対してプロパンガスは、各部屋ごとに液体ガスの入ったボンベを設置して、それを交換しながら供給されます。

ボンベと積んだトラックを、自分の住んでいるアパートやマンションで見たことがある方も多いはずです。

その供給方法の違いは、もしもの時の復旧にも影響してきます。

地中に埋められているパイプの復旧作業よりも、各家庭のプロパンガスの安全点検の方がずっと早く、大地震の時にどんなライフラインよりも先に復旧できたそうです。

他にも、ガスの重さや主成分などの違いがありますが、借りる部屋に影響が出る違いではありませんので、違いはこの辺で^^

 

2.どちらを使うか入居時に選べる?

残念ながら、借りる方の希望で選ぶことはできません。

賃貸物件を建築中に、プロパンガス会社が大家さんに、「給湯器を全部無料で付けるので、うちのガス会社を供給先に選んでください」なんて新規供給先を獲得しているなんてこともあるんです。

都市ガスかプロパンガスかを選べないだけではなく、供給会社も選べないのが一般的です。

あなたがガス供給会社勤務でも、条件は同じですね…

他にも、都市ガスの普及率も大きく関わってきます。

 

2-1.都市ガスの全国普及率って?

都市ガスは、どこにでも供給されているわけではなく、2013年と数年前のデータによると、全国普及率は約50%ほどです。

東京や大阪、京都では100%以上都市ガス供給区間内に普及しているのに対して、一番低いところでは、沖縄の35.7%と平均を下回っているのが31都道府県もあるんです。

なので、まだまだプロパンガスの物件が多い地域がたくさんあります。

まだまだ普及率が低い地域で、「絶対都市ガス!」の条件で部屋探しをすると、物件が限られてしまうことがあるので、どうしても譲れない条件ではない場合は、「できれば都市ガス」くらいで、考えた方が良い物件に出会えるはずです^^

 

3.入居前の注意点

3-1.ガスコンロの準備

部屋が決まれば、それに合わせてガスコンロの準備が必要になってきますよね。

家電量販店に行くとわかりますが、そのガスコンロは「都市ガス用」と「プロパンガス用」で違います。

新しく購入する場合は、専用のコンロを選ぶだけですが、もし頂き物を使用する場合には十分注意してください。

違ったものを使用すると、火災や一酸化中毒の原因となり、取り返しのつかなない事態になってしまってからでは大変です!

他にも、そんな一大事ではありませんが、注意点があります。

 

3-2.開栓手続き

電気や水道は、ネットで使用開始の連絡をしたり、電話で連絡をし指示に従い元栓を開ければ、すぐに使える場合がほとんどですが、ガスはそうはいきません。

うっかり手続きミスで、その日お湯が使えなかったなんてことにならないように、入居前に連絡しておく必要があります。

不動産屋さんでは、事前に連絡してくれる親切なところもありますが、

「これがガス会社の連絡先でーす。」の説明で終了といったところもあります。

ガスを使い始める時は、都市ガス・プロパンガスに関わらず、使用開始の連絡をして、部屋に来てもらって開栓作業をしてもらう必要があります。

建物の外と室内で点検する場合が一般的なので、ほとんどの場合に立会いが必要になります。

引越しシーズンだと、ガス会社もこの作業で忙しいので、早めに連絡して希望日時を指定するのがオススメです。

その立会いの時に、ガスコンロが用意されていれば、繋いで点検してくれることが多いので、使う予定ならば早めに準備しているのがオススメです^^

 

4.まとめ

部屋探しの条件にもなる「都市ガス」と「プロパンガス」

都市ガスを希望する方のほとんどが、その料金の差で条件に上げていると思います。

料金が高くなる分、震災などの場合の復旧が早いのがプロパンガスです。

自分の重視する点で、どちらかを選べれば一番いいのですが残念ながら借りる側が選択することはできません。

そして、まだまだ全国的に都市ガスが普及していないのも、プロパンガスの賃貸物件が多い理由のひとつです。

地域によっては、条件に「都市ガス」を上げてしまうと、物件の選択幅が狭くなってしまい、良い物件に出会えなくなってしまうことがあるので、絶対条件ではない場合は、こだわらず部屋探しをするのがオススメです。

そして、部屋が決まって入居となった時は、都市ガス・プロパンガスによってガスコンロが違うので、注意して準備してくださいね。

ガスは入居してすぐ使えるわけではなく、ガス会社の立会開栓が必要になります。

曜日や時間によっては、その日お湯が使えないなんてことにもなってしまうので、忘れずに早めに連絡しておくのがオススメです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

コメントを残す