賃貸の「○○日」の違いがわからない!家賃はいつから?キャンセルはいつまで?

スポンサーリンク

賃貸物件を探し、部屋が決まると、入居までの間に決めなければいけない「○○日」があります。

担当者から

「契約日はいつにしますか?」

「入居日は決まっていますか?」

などと、聞かれるけどその違いは何

 

いつから家賃が発生して、もしキャンセルする場合、いつまでだったらできるのか?

その「○○日」の意味を詳しくまとめていきます。

 

まずは、一番最初に決まる「○○日」からいってみましょう!

【関連記事】

入居の申込みをしてもキャンセルできる?いつまで?キャンセル料は?
(この記事は2018年12月に更新しています。) 「この前、入居の申込みをしたアパートをキャンセルしたい。キャンセルはできる?キャンセル料はかかる?」 そんな疑問をお持
2018-05-21 13:53

1.申込日について

スポンサーリンク

賃貸で部屋を探す時は、まず不動産会社に行き紹介してもらい、内見などをし、物件を決めることがほとんどですよね。

そして、「ここにします!」と決まると、まずはその部屋を借りたいと申し出なければ、その先には進みません。

 

その申し出た日が、一般的に「申込日」となります。

 

不動産会社にもよりますが、ただ口頭で申込みの意志を伝えるだけではなく、「入居申込書」の記入をもって申込日となります。

 

申込をすることによって、同じ部屋を検討している方は借りられなくなります。

そして、申込みをしたからといって、必ず借りられるわけではありません。

他には、申込みしたからといって、キャンセルできないわけでもありません。
その際、キャンセル料など料金が発生することもありません。

 

ただ、もう大家さんに相談や報告をしていたり、契約書類の準備など「部屋を押さえる」目的での申し込みはやめましょう!

どうしても、部屋を押さえてほしいということであれば、不動産会社やその時期によって数日であれば可能なところもあります。

一度相談してみるのがオススメです。

 

申込日についてまとめると

  • 部屋を借りたいと申し出た日または入居申込書を提出した日
  • 優先的にその部屋を借りることができる(他の方から申込されることを防ぐことができる)
  • 必ず借りられるわけではない
  • 申込みを取り消したとしても、キャンセル料はかからない
  • ただ部屋を押さえる目的で申込みはしない

 

そして、申込みをする際に必ず聞かれるのが「入居日」です。

【関連記事】

入居審査の仕組みは?落ちる原因と審査に通るためには?
アパートやマンションなどの賃貸物件を借りる時には、内容や方法は違っても必ず「入居審査」というものがあります。 簡単には「安心して貸すことができる方」なのかどうかを総合
2018-05-10 01:10

2.入居日とは?

そのままですが、一般的に入居する日です。

不動産会社によって、申込日から〇日以内と決められている場合もあります。

ただ、捉え方は不動産会社や大家さんによって違うことが多く、しっかり確認することをオススメします。

 

 

入居日・契約開始日・賃料発生日

 

この3つの表現の違いがありますが、共通して言えるのは、どの日も「家賃が発生するになります。

 

そして、必ずしも入居日から入居しなければいけないということはありません。

入居日から家賃も払っていて、あなたが借りている状態になっているので「入居日」以降であれば、いつでも入居できるのがほとんどです。

実際には、住み始める前に荷物だけを運び入れることもできます。

 

また、入居日が決まらなければ、契約書等の作成もできません。

なので、契約へと進めることはできません。

契約書に記載されている契約期間や、火災保険の保証期間は入居日からとなるためです。

 

入居日についてまとめると

  • 入居する日、ただしその日に必ず入居しなければいけないわけではない
  • 入居日から家賃が発生する
  • 入居日が決まらないと契約を進めることはできない

 

3.契約日とは?

一般的に、契約手続きを行う日です。初期費用の支払いもこの日に行います。

 

入居日、契約開始日、賃料発生日とは別の日に設けることが多いでしょう。

契約日以降は「申込みのキャンセル」ではなく、「契約解除」となります。

その際は、違約金が発生する場合もあり、また礼金が返金されない火災保険も日割り計算で返金といったこともあるので、なにかしらの費用が発生することがあります。

 

契約日についてまとめると

  • 契約手続きをする日
  • 初期費用の支払いをする日
  • 入居日や契約開始日、賃料発生日とは別
  • 契約日以降は、申込みのキャンセルではなく、契約解除になる
  • 契約解除となれば、なにかしらの費用が発生することもある

 

【関連記事】

賃貸契約にかかる初期費用とは?クレジットカードで支払える?
アパートを借りたいけど、最初にいくらかかるの?と疑問を持つ方も多いはず。 以前、一人暮らしをしようとしていた妹が計算していたのは、 「敷金2ヵ月と礼金1ヵ月だから、5万
2018-05-15 13:58

4.引越し日とは?

一般的には、実際に荷物を搬入する日です。

例えば、引越し業者に荷物を運び入れてもらう日になります。

引越し日=入居日としている不動産会社や大家さんもいますが、必ず同じ日でなくても構いません。

 

家賃が発生してからであれば、あなたの都合や引越し業者との調整次第でいつでも可能ですが、マンションなどで届け出が必要な場合もあります。

せっかく運んできた荷物を部屋に入れられないなんてことがないように、届け出の有無は確認した方がいいでしょう。

一般的なアパートなどであれば、ほとんどの場合は届け出は不要になります。

 

引越し日についてまとめると

  • 部屋に荷物も搬入する日、引越し業者から荷物を運び入れてもらう日
  • かならず、引越し日=入居日ではない
  • マンションなどの物件によっては届け出が必要な場合もあるので、注意が必要

 

5.まとめ

ひとつひとつ詳しくみていくと、意味が同じだったり、微妙な違いがあったりするのが、賃貸における「○○日」です。

不動産会社や大家さんによって、使われる表現や捉え方が違うため、あいまいな場合はそのままにせず確認することが大切です。

 

 

「家賃が発生する日はいつからか?」

 

「契約が成立する日はいつか?」

この2点をしっかり確認できれば、まずは大丈夫です。

ここをしっかり把握できれば、初心者の営業マンが担当となった場合でも混乱なく進めるはずです!

スポンサーリンク

コメントを残す