LINEで部屋探し?不動産屋との煩わしいやり取り不要!

 

スポンサーリンク

部屋を探したいけど、なかなか・・・

その「なかなか・・・」には、それぞれの理由がありますが、中には、不動産屋さんとのやり取りがイヤで進まない方もいますよね。

 

部屋探しの条件だけではなく、その条件をあげる理由も聞かれたりと、あまり突っ込まれたくない事情もあります。

 

それだけではなく、内見ともなれば、移動中の車内や、部屋では2人きりなんてことも、よくあることです。

 

それが煩わしくて、なかなか進まない方もいるのでは?

 

今は、いろんなことがネット上で解決してしまう時代ですが、部屋探しもそれが可能になります。

要するに、不動産屋とやり取りはしますが、全てLINEで、しかも実際に会うこともなく、契約、入居することができるということです。

 

ただ、会うことがないので、内見することはできません。

 

一番は、実際に見て確かめることですが、それがどうしてもイヤで部屋を探せないという方にはオススメです。

他には、遠方の部屋探しや、不動産屋になかなか行けないという方にも便利な部屋探しになります。

 

1.不動産屋とのやり取り不要?

実際のやり取りは、LINEで進めていきます。

LINEの相手は、もちろん免許も知識も持つ不動産屋さんなので、心配はいりません。

 

不動産屋さんに行った場合に聞かれるような、希望条件はLINEでの質問に答えていくだけです。

 

 

こんな感じで進めていきます。

 

 

そして、部屋が決まれば契約へと進みますが、契約を結ぶのもオンラインシステムと郵送でのやり取りになります。

そして、部屋の鍵を受け取るのも郵送です。

 

通常は、不動産屋さんと対面でのやり取りは、少なくとも3~4回程必要ですが、このLINEを利用した場合は、0回になります。

 

しかも、手軽に日常的に利用している方も多いLINEでのやり取りです。

 

では、その方法をご紹介します。

 

1.部屋探しができるアプリとは?

「AWANAI賃貸」というものです。

 

使い方も簡単で、他のアプリ同様に、インストールして始めることができます。

 

 

2.部屋の探し方とは?

実際に不動産屋で、条件を伝え探してもらうと同じように、AWANAI賃貸からの質問に沿って希望条件を選択、入力していきます。

 

他には、いろんなサイトで見つけた、気になる物件のURLをLINEで送る方法があります。

ネット上で見つけた物件は、その物件情報中にある、問合わせ先の不動産屋へ問い合わせる必要がありますが、それも不要。

気になる物件の問い合わせ先とのやり取りを、AWANAI賃貸でしてくれるといった流れになります。

 

3.契約はどうなる?

部屋を借りる時は、契約内容の説明を受けたり、契約書にサインしたりする必要があります。

この場合も、不動産屋に行く必要も、会う必要もありません。

 

「契約するのに不安…」

そこは、IT重説といった方法で、しっかり契約内容を説明するので心配ありません。

 

そして、その説明を受けた上で、契約者のサインへと進めていきます。

 

賃貸借契約書・サインする前にチェックするところは?
気に入った部屋が見つかったら、いよいよ賃貸借契約になりますね。 初めてアパートやマンションを借りる方はドキドキ、ワクワクですよね^^ 今回はそんな方に、契約時にチェック
2018-04-30 22:44

 

契約が無事に済み、入居前に部屋の鍵が郵送で送られてきて、不動産屋と会うこともなく入居できるというわけです。

 

4.メリットとデメリットは?

どんなことも良い面、悪い面はあります。

4-1.メリットとは?

■手軽

■不動産屋とのやり取りが煩わしくない

■好きな時間に部屋探しができる

■遠い場所の部屋もわざわざ現地に行く必要がない

何よりも、多くの方が手軽に気軽に、日常的に使用しているLINEで簡単にやり取りができるところです。

上手く利用することができ、しかも自分とは合わないと思えば、簡単にブロックができてしまいます。

その手軽で気軽な、LINEでのやり取りで完結するため、不動産屋に出向く必要も、会う必要もありません。

不動産屋とのやり取りに煩わしさを感じる方には、魅力的ですよね。

 

そして、進学や就職、転勤ともなれば、離れた場所の部屋探しが必要になることがあります。

一般的には、現地に行き部屋探しをする必要がありますが、入居まで行くことなく契約ができます。

 

ただ、良いことばかりではありません。

 

4-2.デメリットとは?

■内見ができない

■不動産屋に会うこともない分、契約内容が不安

なんといっても、一番のデメリットは、基本的に内見不要な方が対象ということです。

 

今やネット上だけでも、十分な物件画像を確認することができますが、やっぱり実際に入ってみると、イメージしていた部屋とは違ったんてこともあります。

 

なので、もし遠方の物件でなければ、外観から確認すること、周りの環境を確認することをオススメします。

実際に明るい部屋の画像でも、電気を付けなければ暗い部屋だってあります。

 

外観や周辺環境が確認できれば、日当たりも確認することができます。

 

不動産屋は、契約の前に「重要事項の説明」をする必要があります。

その内容をしっかり確認することが大切です。

もしかしたら、対面で説明を受けるより、ITで受け、LINEで気になる内容を確認する方が、聞きたいことを気軽に聞けるかもしれませんね。

 

5.まとめ

AWANAI賃貸、今の時代に合った部屋探しかもしれません。

登録したからといって、質問したからといって、気が変わったらいつでも断れるのも、LINEでの部屋探しの魅力のひとつです。

 

そして、これからの時期は、賃貸物件は一番動きやすい時期になります。

昨日あった部屋は、今日は満室、1時間前に見てきたのに、誰かに取られてしまったなんて、本当によくある話です。

部屋を探すなら、今!のこの時期をオススメします。

 

コメントを残す