固定資産税の支払いはいつ?遅れたらどうなる?

スポンサーリンク

そろそろ固定資産税の納付書が届いたり、1期分の支払いが

済んだ頃ではありませんか?

支払時期は、市町村ごとに条例で決められているため、全国バラバラ。

共通することは、年4回に分けて納付期限が決まっていることです。

 

1.固定資産税の納付書が届くのはいつ?

 

固定資産税とは、1月1日時点での所有者へ送付されます。

もし、それ以降に不動産を購入された場合は、市町村からは届きません。

不動産物件の取引時に、「公租公課の清算」で既に支払い済みか、取引時に

納付額が確定していなければ、確定した時点で支払うことになるか、どちらかです。

取引した不動産業者やハウスメーカー等で説明があったはずです。

取引時には、いろんなことを一気に説明されるため、覚えていない方も多いでしょう^^

そんな時は、担当者へ問い合わせてみてくださいね。

 

市町村から直接送付される場合は、遅くても納付期限の10日前まで送らなければいけないと
決められています。

例えば、東京都23区の第1期の納付期限は6/1~6/30なので、通常6月初め頃届きます。

 

2.固定資産税の支払い方法は?

支払方法についても、各市町村ごとに違いがあります。

一般的に多いのは、次の2つの方法です。

 

2-1.窓口現金払い

 

納付書に記載されている各窓口で支払います。

主に、市町村窓口、金融機関や郵便局の窓口や便利なコンビニのレジで支払うことができます。

市町村窓口や金融機関、郵便局の窓口だと時間や曜日が限定されてしまいますが、いつでもコンビニのレジで支払うことができるのは便利ですよね。

 

2-2.口座振替

わざわざ支払いに行くのも面倒、忘れそうという方には、口座振替がオススメです^^

毎回手間なく、もちろん手数料なく支払いができるので、一番確実な方法とも言えます。

手続き方法については、納付書にも詳しく記載されていますので、参考にしてください。

納付書が届く前に手続きを済ませておきたい方は、市町村窓口で確認してみてくださいね。

もし、残高不足で振替ができなかった場合は、納付書が送付されてきます。
残念ながら、再振替は行われないので、残高確認は必要です。

 

2-3.その他の支払い方法は?

税金をクレジットカードで支払いたいと、希望する方は約6割もいるそうです。

ただ、全国どこでもとまではまだのようです。

 

3.東京都23区はクレジットカード可能?

 

東京都23区では、固定資産税のクレジットカード払いは可能です。
※税額が100万円未満の場合

3-1.支払方法は?

ただ、納付書を持って各窓口に行き、「クレジットカードで」ということではなく、
手続きが必要になります。

「都税クレジットカードお支払いサイト」

上記サイトへアクセスし、必要情報を入力し支払う方法です。

わざわざ支払いに行く必要もなく、手元に現金がなくても支払えるのは便利ですよね^^

ただし、窓口や口座振替の際にはかからない”手数料”がかかります。

その手数料の金額は、納税額によって変わってきます。

 

1万円以下:税込78円
1万円以上:1万円増すごとにプラス税込78円

 

3万円の納税額の場合は234円かかることになります。

 

3-2.クレジットカード払いのメリット・デメリット

 

メリット
・納付に行く手間や交通費がかからない
現金を持ち歩くリスクがない
現金を持ち合わせていなくても支払可能
・クレジットカードによってはポイントを受け取ることができる

デメリット
手数料がかかる
情報漏洩のリスクがないわけではない

 

支払方法によって、それぞれのメリット・デメリットがあります。

考慮した上で、自分に合った支払方法を選んでください^^

 

そして、もし支払いを忘れていた!どうしても支払えない!なんて時は…

 

4.固定資産税の支払いが遅れた時は…?

納付期限を過ぎると、延滞金というペナルティが課されます。

納付期限の翌日から納付までの期間の日数に応じ加算されるほか、
市町村により督促手数料もかかります。

4-1.延滞金の率

まずは納付期限の翌日から1ヵ月間は、率が優遇されていてそれほどの負担はありません。

その期間は特別基準割合+1%です。

そして1ヵ月経過後は、特別基準割合+7.3%と一気に上がります。

特別基準割合とは、

国内銀行の短期貸付の平均利率の合計を12で除した割合とし、租税特別措置第93条第2項の
規定により、前年12月15日までに債務大臣が告示する割合に年1%を加算した割合のことです。

 

4-2.滞納処分

滞納処分の一般的な方法は「督促」「差し押さえ」になります。

納付期限までに支払われなかった場合は、督促状により督促されることになります。

そして、この督促状を発した日から10日を経過するまでに完納しないと、財産の
差し押さえ
へと処分が重くなっていきます。

通常、差し押さえ前に税務署に所属する徴収職員が、財産の調査や捜索→滞納処分の
実行へと進んでいきます。

支払えない事情がある場合は、早めに担当窓口へ相談することをオススメします。

 

5.まとめ

固定資産税は、年4回の納付期限があります。

支払方法は、一般的に銀行やコンビニなどで支払い窓口払いと、口座振替の2パターンです。

クレジットカード払いや他の支払い方法ができる場合もあります。

 

納期期限と支払方法は、市町村ごとに定められているため、所有する不動産の場所により
違ってきます。

 

詳しくは、各市町村窓口に問い合わせてみてくださいね。

 

支払方法によってメリット・デメリットがあり、自分に合った方法を選んでください^^

また、うっかり滞納の場合でも、延滞金というペナルティが課せられます。

期日をしっかり確認し滞りなく支払いましょう!

 

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

 

コメントを残す