賃貸物件情報はこう見る!間取りの表示の意味とは?

賃貸物件を探していると、必ず目にする間取り表示。

間取りは、1R、〇K、〇DK、〇LDK、たまに〇SLDKなど表示されています。

例えば、一人暮らしのために1部屋タイプの部屋を探している場合、

1R、1K、1DK、1LDK、1SLDK(1〇+Sと表示されているタイプもあります)の違いはわかりますか?

 

今回は、間取り表示の見方についてまとめていきます^^

 

まず最初に、1の後に続くアルファベットについて。

 

1.間取りの種類とは?

アルファベットの前に付く数字は、居室数を表しています。

 

1-1.R

R=ルーム

1つの空間(居室)にキッチンがあり、仕切りなく全て繋がっているタイプの部屋。

 

【1Rイメージ】

 

1-2.K

 

K=キッチン

居室とは別にキッチンがあるタイプの部屋。

きちんとドアで仕切られている場合を”〇K”と表示します。

 

【1Kイメージ】

中にはロールカーテンなどの簡易的な仕切りでも、「1K」と表示している業者のいるので、注意してください!

居室と分かれてさえいれば、広さ関係なくこの表示になります。

 

1-3.DK

 

DK=ダイニングキッチン

居室とは別に広めにキッチンスペースがあるタイプの部屋。

 

DKと表示できるダイニングキッチンの広さは、居室の数によって違います。

1部屋タイプだと、4.5帖以上あれば、1DKと表示されます。

【1DKイメージ】

そして、2つ居室がある場合のDKと表示できるのは、6畳以上です。

【2DKイメージ】

こんな感じです。

何部屋の居室があるかによって、DKと表示していい広さは違います。

これより狭い場合はDKではなくKと表示します。

 

1部屋 4.5帖以上
2部屋 6帖以上

 

1-4.LDK

 

LDK=リビングダイニングキッチン

居室の他にリビングとキッチンを兼ね備えた部屋があるタイプ。

DKと同じように、居室数によって、LDKと表示していい広さが違います。

1部屋タイプだと、8帖以上のリンビングダイニングキッチン(LDK)があれば、1LDKと表示されます。

【1LDKイメージ】

2部屋タイプだと、10帖以上でLDKと表示することができます。

1部屋 8帖以上
2部屋 10帖以上

 

LDKの間取りは、比較的新しい建物や、リノベ―ションされた部屋などが比較的多いため、
家賃が高めの物件が多くなります。

 

1-5.S

 

 

S=サービルルーム

 

居室以外にスペースがあるタイプの部屋。

居室以外というのは、”採光”や”換気”など居室としては、建築基準法上の基準を満たしていない部屋のことで、例えば、納戸などがSとして表示されます。

居室としては数えられない部屋を意味しています。

【1SLDKイメージ】

物件数としてはまだまだ少なく、新しい建物が多いので家賃も高いものが多いです。

 

2.間取りの選び方

 

部屋数の後に表示されているのは、簡単には「キッチン」の広さを指しています。

 

「仕切りなく広い1部屋がいい」のであれば、広めの1R。

「狭くても、キッチンと部屋は別がいい」のであれば1K。

「ダイニングテーブルを置いて、食事できるキッチンが欲しい」のであれば1DK。

「キッチンと繋がった、くつろげるスペースと、寝室を分けたい」のであれば1LDK。

 

といった感じで、どういった使い方をしたいのかで違っていますよね^^

 

DKとある一言で言っても広めの物件もあるので、不動産屋さんで、「こんな使い方をしたい」と相談してみるのがオススメです^^

間取り図参照:LIFULL HOME’Sさん物件情報よりお借りしました。

3.どうやって決まっているのか?

 

不動産広告のルールは『公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会』でちゃんときめられています。

昔の不動産屋さんって、なんだか胡散臭い怖いイメージがないですか?

そんな時代は、おとり広告などでお客さんを呼び込むようなことが普通にあったようです。

そんな違反をなくし、消費者を守るためにルールが決められています^^

 

4.まとめ

 

 

・1Rは一部屋の中にキッチンなどがまとまっているタイプの部屋

・1Kは居室とドアで仕切られたキッチンがあるタイプの部屋。

・1DKは4.5帖以上のダイニングキッチンと居室があるタイプの部屋。

・1LDKは、8帖以上のリビングダイニングキッチンと居室があるタイプの部屋。

・Sは居室ではない部屋があるタイプ

で、納戸などがSとして表示されます。物件数としてはまだまだ少ない状況です。

この表示のされ方がわかれば、理想の部屋が探しやすくなるはずです^^

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

スポンサーリンク

コメントを残す