【マイホーム購入】消費税8%、10%はどのタイミング?

スポンサーリンク

ついに2019年10月に消費税率10%へ引き上げが表明されましたね。

飲食料品などに軽減税率が導入されるなど、「これは8%」「こっちは10%」と、連日のようにニュースで取り上げられています。

微妙なものを取り扱っているお店などは、すごく大変そうです^^;
(みりん風調味料は8%?本みりんはお酒扱いで10%?なんてことにもなっているとか…)

 

前置きが長くなってしまいましたが、いい加減本題へ!

この記事では【マイホーム購入はどのタイミングが10%になるのか】について、ご紹介していきます。

 

「10%になってしまう前に、マイホームの購入を進めた方がいいんじゃない?!」

と思っている方は、たっくさんいるようです!

 

1.消費税8%で購入できるのはいつまで?

お店でモノを選んで、”その場で支払う”のとは違うのがイホームですよね。

 

10%に消費税率が引き上げられるのは、2019年の10月1日からです。

 

なので単純には、2019年9月30日までに「引渡し」を受けていない建物の購入代金には、10%の消費税がかかります。

 

いくら、8%のうちに、土地が決まって建物のプランも決まっていたとしても、引渡しを受けていなければなりません。

 

ただ、普通の買い物とは違うためマイホーム購入には、もう一つのタイムリミットが用意されています。

 

それは、2019年の3月31日までに請負契約を締結することです。

 

       ~消費税8%のタイムリミット~

2019年9月30日までに引渡しを受けている
2019年3月31日までに請負契約を締結している

要するに、引渡しがタイムリミット内であれば、請負契約は2019/3/31までに締結している必要はありません。
また、同じようにタイムリミット内に請負契約を締結していれば、引渡しが2019/10/1以降でも消費税率8%ということになります。
ただ、「請負契約を締結」といっても、数時間でできるものではありません。
契約締結までの流れを見ていきましょう。

2.請負契約締結までの流れ

スポンサーリンク

住宅会社が決まったら、申込みや仮契約を行うところがほとんどです。

 

その後に打合せを行い、建物についていろいろと決めていきます。
設計図などの各種図面を作成してもらいながら、見積もりをしてもらいます。
その見積もりや図面をもとに、予算オーバーしている部分を見直したり、反対には追加したりしながら変更そていきます。
金額がハッキリすると、住宅ローンの申請も進めていくことになります。
そして、ほぼ決まると「請負契約(本契約や工事請負契約ともいいます)」を締結するといった流れになります。
この何度も繰り返される打合せに、多くの方がたくさんの時間をかけます。
もちろん、請負契約後でも変更が可能な部分もありますが、後戻りは難しい段階まで来ていることになります。
といったように、簡単に進められる契約ではないのが「請負契約」です。
焦って契約を進めることを防ぐためにも、最低でもタイムリミットの1ヵ月前くらいまでには、住宅会社を決めておくことをオススメします。

3.他にも影響することは?

消費税10%になるタイミングは、わかっていただけたと思います。
でも、実は建物だけではないのが、マイホーム。
何もしない方ももちろんいますが、マイホームを建てたら、庭や駐車場などにも手を加えたいですよね?
駐車スペースを確保している土地であれば、砂利からコンクリートにしたり、カーポートを設置ししたり。
塀や花壇、お庭などに手を加えたりと、いろいろしたいことも出てくるものです。
そういった外構工事ですが、平均的に200~300万円程かけたり、かかったりします。
その外構工事もタイムリミットまでに終了していれば問題ありませんが、それ以降であれば10%の影響をうけてしまいます。
建物と同じように、契約を2019年の3月31日まで締結していれば、8%の税率が適用されます。
建物の契約締結でホッとせず、外構工事の契約も頭に入れ、計画を進めていくのがオススメです。

4.増税前と増税後の金額の差は?

8%から10%の引き上げは、たった2%です。
が、されど2%です。
金額の大きい買い物だからこそ、数日や数ヵ月の違いで、金額に差が出てしまうなら気をつけたいですよね。
住宅はどんな建物かによって金額は違いますが、
例えば3,000万円の場合
  • 消費税8%→240万円
  • 消費税10%→300万円

 

他にも、例えば外構工事300万円の場合

  • 消費税8%→24万円
  • 消費税10%→30万円

2つ合わせれば、単純に60万円+6万円で66万円違ってきます。

 

 

この66万円で、オプション工事を追加したり、家電や家具にかけたりできるわけです。

 

5.まとめ

スポンサーリンク


2019年10月からの増税が決まり、8%と10%が切り替わるタイミングについてまとめました。

いかがだったでしょうか?

 

この増税によって、年収500万円の夫婦+子供2人の家庭だと、これまで通りの生活で、年間4.4万円以上に支出が増えるんだそうです。

 

 

マイホームにかかる消費税が8%なのは、
2019年9月30日までに建物の引渡しを受ける
2019年3月31日までに請負契約を締結させる
どちらかのタイムリミットまでです。
マイホーム検討中の方は、そのタイムリミットをしっかり確認しくことがオススメです。

 

コメントを残す