profile

このブログ運営者のゆうと申します。

たくさんの不動産情報サイトがある中で、こちらのブログにお越しいただき、ありがとうございます。

それだけでも十分なのに、わざわざ運営者のページにまで足を運んでいただけて光栄です^^

せっかくなので、私事の情報ではありますがお付き合い頂けたら幸いです。

 

ー不動産に興味を持ったのは、本当に軽い気持ちで「じゃあ、試験受けてみようかな…」と始まった宅建の勉強からですー

宅建試験を受けようと思ったきっかけ

出産育児のため、仕事をしていなかった私は、子供の成長と共に、社会復帰について考えるようになりました。

出産するまでは、老人介護の仕事をしていました。そもそも、おばあちゃんっこだったためか、お年寄りと接しているのが心地よくて、それがきっかけで選んだ仕事でした。

特別養護老人ホームという施設で、普通に夜勤も早朝勤務もあったため、子供とのことを最優先にし、この仕事への復帰は諦め、どんなことができるのかを考えていた時でした。

住宅関係の仕事をしている父が、宅建試験に数回落ちて、それに興味を持った兄弟が興味本位で勉強してみたけど、”難しい”と話題になっていた中、私も勉強してみようかなと思ったんです。

言ってしまえば、その当時の我が家の流行りみたいなもの^^;

公立高校へは行ったものも、勉強のできはよくなかったので、家族からは一斉に「絶対無理だって。そんな簡単に受かるわけないって。」と散々言われましたw

それが悔しかったのもあるのか、これまで勉強してこなかった分の力が有り余っていたのかはわかりませんが、「人の倍以上勉強する!絶対1発で合格する!」となんの根拠もなく、宣言しちゃいました^^;

そして、タイミングよくあった「ユーキャン」の通信講座へ申込み。
そこから、宅建の勉強が始まりました。

いざ始めてみると、専門的な内容が難しい!

いや、専門的じゃなくても初めて知った言葉がたくさんでしたw
(大きい声では言えませんが、”遅延””相殺””履行”この辺は宅建勉強中に覚えましたw)

そんなレベルの低い私でも、そのユーキャンのテキストがわかりやすくって。勉強意欲はキープでき、勉強すればするほど、不動産の内容を理解できるものでしたよ^^

約10ヵ月前くらいに勉強を始めて、何かイベントがある時は休み、それ以外は毎日と根気強く勉強し、試験が近くなると1日5~6時間は勉強してたと思います。

後にも先にも、あんなに勉強したことは、これまで人生の中で初めてでしたw

あれだけやって落ちたら、どうしようもないバカか、相当難しい資格なのかどちらかだったと思います。無事に1発合格することができました。ホントよかった~w

宅建合格後に社会復帰

無事合格し、講習も受けた時点で、ハローワークに職探しにいきました。
結果は3社受けて、どこも合格。資格の力の大きさを改めて実感していました。

そして、その中から、『葉巻を吸っている小太りのおじさんが、皮のソファーに座っていなそうな不動産屋』を選び、社会復帰しましたw

その頃思い描いていたのが、スーツをカッコよく着こなし、バリバリ仕事をこなすキャリアウーマンw

ま、あくまでも理想ですけどね。

実際の不動産業界

でも、初めて飛び込む業界、初めてする業務に、毎日やりがいや楽しさを感じていました。

その不動産屋さんは、賃貸を得意とした有名不動産会社のフランチャイズ店。

お客様に紹介する物件を、自分の目で確認し、しっかり把握することを基本としていたため、いろんな物件を毎日毎日見て回りました。
そして、怖いもの知らずの性格の私は、大家さんへの飛び込み営業も平気でしたw

ここで賃貸に関わる大事なことをたくさん経験できたと思っています。

そうそう!家賃の取り立ても!

実際に経験した、今となってはいい思い出

怖かったから今でも覚えているこの話、してもいいですか?w

家賃を何か月も滞納している、60代の入居者がいたんです。管理物件ではなく、どこの不動産屋でも紹介している一般物件です。たまたま私が担当したので、私が滞納処理業務をしてたんですが…

何回連絡しても、支払われることなく、文書で通知しても全く響かず、とうとう強制的に退去してもらいますよ!というところまできていたんです。
「●月●日、●時に部屋に伺います。出てこなければ管理キーで入りますよ」といった文書で通知して。

そして当日、予想通り出てこない…
もちろん、一人では行きません。まさに”THE不動産屋社長のような社長”と一緒に行きました。

しばらく待っても出てこないので、中に入ることに…

違法ですね……^^;)

部屋には姿は見当たらず、あちこちのドアを開けてもやっぱりいない。

最後に、押し入れを開けてみるともうビックリ(゚д゚)!

小さくなって隠れていたんです(゚д゚)!

もうあの時の社長と私の驚きようといったら半端なく、それからしばらく経っても、社長と「いや~、あの時はホントに腰が抜けるほどビックリしたね~」なんて話題になるくらいですw

その後は無事、本人同意のうえで退去してもらい、家賃もその方のお兄さんに支払ってもらい一件落着しました。

そんなドロドロ業務も経験し、反対に新築物件の管理を建築中から携わらせてもらったり、時間があれば大家さん宅を回って、一緒にお茶をし、いい経験をたくさんさせてもらったことに感謝しています。

不動産屋さんからハウスメーカーへ

そして、いろいろな業界の方との出会いもあり、ハウスメーカーに転職しました。ここでは、売買業務を担当し、土地を探したり契約したり、不動産の査定をしたり、建売住宅を売ったりと取引する金額と経験が増えていきました。

賃貸とは全く勝手が違う売買、覚えることたくさんで、接客の仕方から専門的なこともで、もうパンパンに頭に詰め込んでいました。

そんな中で取った資格が「賃貸不動産経営管理士」で、妊娠初期で、講習中とにかく気持ち悪くて気持ち悪くてといった思い出がありますw

そして、育休制度が整っていなかった会社だったため、出産のために退社し、それから社会復帰することなく、現在に至ります。

今は、旦那さんと子供3人の5人で、4年前に建てたマイホームで暮らしています。

そして、旦那さんと出会ったのは、不動産に関わるずっーと前ですが、私でも受かるなら自分も受けると、同じくユーキャンで勉強して宅建を取ったんです。なんという負けず嫌いw

このブログを立ち上げたかった理由

旦那さんは今でも現役で、不動産関係の仕事をしています。

この前の夫婦の会話、聞いてくれますか?w

夫「あそこにある個人経営の居酒屋わかる?」

私「あ~あの大通り沿いの?」

夫「そこそこ。店閉めるから土地と建物売ってほしいって依頼あって。」

私「場所悪くないんじゃないの?売れそうだけど?」

夫「あそこ、建物小さいけど300坪くらいあって、土地の値段だけで高くつくんだよね~」

私「会社で買い取って、分譲すれば?」

夫「それは無理。12mしか接道してないから…」

私「それは厳しいね。よっぽど高くても広い土地探してる人を見つけるか、賃貸物件建てるしか活用法ないね~」

一般家庭には、なかなかない会話ですよね^^;

こんな会話を日常しているから、私も不動産に関わっていたいという想いがあり、知る限りの情報をどんどん発信していきたいと、このブログを立ち上げました。

これまで知ったこと、経験したことを惜しみなくここで発信していくつもりです。

そして、子供たちが部屋を借りる時は、必ず一緒に行って納得できる部屋探しと、契約をするつもりです←不動産屋さんからしたら嫌な感じですねw

こんなブログ経営者ですが、皆さんの悩みが解決できるようなブログを目指しています。

また、遊びにきていただけたら幸いです<(_ _)>

こんなに長々と最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。