固定資産税とは?いつ、いくら支払う?

スポンサーリンク

マイホームを持つことになると、賃貸の時にはかからなかった費用も掛かってきます。

その費用のひとつに「固定資産税」があります。

中には、「仕組みや金額などよくわからないけど、税金だし払っているよ」なんて方も多いのでは?

今回は、そんな固定資産税の金額についてご紹介していきます。

その前に、まずは「固定資産税」についてですね^^

 

1.固定資産税って何?

一言でまとめると、土地や家屋を持っている人にかかる税金です。

戸建てだけではなく、もちろん分譲マンションにもかかります。

さらに細かくすると、1月1日の時点で、それらを所有している人にかかる税金になります。

じゃあ、1月2日に契約や登記をすればかからない?というわけではありません。

市町村から請求がいくのは、1/1の所有者ですが、不動産の引き渡しや登記日からの分を
計算し支払うことになります。

一般的には、土地や建物代金と一緒に清算されます。

「公租公課」の清算書がそれに当たります。

なので、不動産を所有していれば、誰にでもかかる税金ということになります^^

 

次に気になるのは、いつ払うか?ではないでしょうか。

 

2.固定資産税を支払うのはいつ?

実は、全国で統一されていないんです。

納期期限を市町村ごとに条例で決めることができるため、場所により違ってきます。

全国で統一されているのは「年に4回の納期がある」ことです。

東京都を例に挙げれば

・第1期:6月
・第2期:9月
・第3期:12月
・第4期:2月

に支払う必要があります。

もちろん、4期分(1年分)まとめて支払うこともできます^^

支払いの時期がわかると、次に気になるのはその金額ではないでしょうか?

むしろ、一番気になりますねw

 

3.固定資産税額はいくら?

算出方法は地域によって違いがあります。

そして、何に対するものかによっても違います。

 

3-1.土地にかかる固定資産税は?

土地の種類によって違ってきます。

種類というのは、見た目ではなく登記されている”地目”のことです。

属する区域や、実際に使用されている目的(地目は雑種地で、実際には駐車場にして貸しているなど)によって違いがありますが、税金が高い順に

1位:宅地
2位:雑種地
3位:農地

そして、税額の決め方は基本的に

固定資産の評価額×1.4%

ここで疑問になるのが”評価額”についてですね。

 

3-2.固定資産税評価額とは?

国土交通省が定めている額の70%程の割合で付けられた金額です。

ただ最終的に決定するのは、市町村長になり、地域によってバラバラです。

そして、土地に対しては3年に1度見直されます。

上がることもあれば、下がることもあります。

そして、戸建てのマイホームを購入した場合の住宅用地は、軽減措置が設けられています。

 

3-3.住宅用地の場合の計算方法は?

土地の規模によって次のようになります。

●小規模住宅用地…住宅1戸200㎡以下の部分に対し6分の1

固定資産税評価額×6分の1×1.4%

●一般住宅地…住宅1戸200㎡を超える部分に対し3分の1
※上限がありますが、一般的なものであれば範囲内に収まります。

固定資産税評価額×3の1×1.4%

そして、土地の他に建物にも別で課税されます。

 

3-4.家屋の計算方法は?

税金が軽減される期間があります。

その期間は、建物が耐火構造か一般住宅かによって異なります。

どちらの場合も適用床面積は120㎡までで、軽減税率は2分の1になり、

耐火構造の場合は5年間適用、一般住宅の場合は3年間適用になります。

 

では、耐火構造にした方がお得かというと、そういうわけでもなく、建物の価格が一般住宅よりも高くなります。
ただ、耐火構造の建物しか建てられないところもあります。
そして、土地との大きな違いは、その価値は建物が古くなるにつれて、税額は下がっていきます。

 

4.まとめ

なかなか知られていない固定資産税について、”支払い時期”と”計算方法”をご紹介しました。

実際に自分で計算することは少ないと思いますが、こんな方法で納税額が決められています。

賃貸の時には、かからなかった費用になり、決して安いものでもありません。

いきなり納付書が送られてきて、びっくりしないよう、基本的なことは知っておく必要があります^^

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

コメントを残す