【物件探しまとめ】はじめての部屋探し・失敗しない部屋探しとは?

初めてのアパート・マンション探しをされる方は、わからないことがたくさんですよね。

でも実際には、何も知らなくても、不動産屋さんに行ってしまえば、契約→入居ができてしまいます。

が、それではいい部屋探しなんてできません!

 

基本的な知識や情報を持つことが、失敗しない部屋探しのコツです。

 

この記事では、はじめての部屋探しをする方が、失敗しないための情報をまとめました。

不動産屋さんに行く前の準備~物件を決めるまでの流れに沿って、「部屋探しの基本」がわかる内容になっています。

 

 

1.はじめに決めることとは?

1-1.希望条件を決める

一番大事とも言えるのが、「家賃」です。

毎月払わなければいけないものだし、「家賃を支払ったら生活が成り立たない」なんてことになったら大変です。

ここは、しっかり決めていきましょう!

以前、「家賃は収入の3割程度」と言われている時代もありましたが、実はそれ、バブル期に言われていたことなんです。

 

この収入とは、いろいろ引かれる前の”総支給額”のことで、ここからいろいろ引かれた”手取り”ではありません。

今は、多くの方がその3割という家賃設定には、やっと生活している場合が多いというデータがあります。

 

なので理想の家賃は、収入の2割~2.5割程度に抑えれば、家計が圧迫されることも少ないでしょう。

 

 

次に絶対的条件とも言えるのが「場所」です。

○○区内、○○学区内、最寄りの駅は○○駅、駅から徒歩分、学校や職場まで○○など限定する条件の形が違いますが、「どこでもOK」などとはいかない方がほとんどです。

 

ただ、あまりにエリアを限定してしまうと、良い物件が見つからない場合もあるので、ある程度エリアは広げておくのがオススメです。

 

そして、場所の優先順位がどの程度なのかも、しっかり決めておくといいですよ。

「キレイで安く理想的な物件があれば、場所はあまりこだわらない」や反対に「どんな物件になってしまっても、絶対その場所じゃないとダメ」なのか、一度整理してみてください。

 

あとは「部屋の広さ」ですね。

1人暮らし用の部屋であっても、1Rと1LDKは大きな違いがあります。

どういった使い方をしたいかを考えるのも、部屋の広さ選びのポイントになります。

賃貸物件情報はこう見る!間取りの表示の意味とは?
賃貸物件を探していると、必ず目にする間取り表示。 間取りは、1R、〇K、〇DK、〇LDK、たまに〇SLDKなど表示されています。 例えば、一人暮らしのために1部屋タイプ
2018-05-19 13:41

 

この3つが決まったら、こだわりを上げていきましょう。

 

1-2.こだわりの条件をまとめる

家賃や場所などの基本的な条件の他にも、あなたのこだわりたいところはどんなことですか?

例えば、2階以上、お風呂トイレ別、フローリング、敷地内駐車場、セキュリティー……

上げ出すとキリがない”こだわり条件”ですが、とことん上げてみましょう^^

 

そして、次にその条件を整理し、まとめていきます。

 

1-3.希望条件を整理する

基本的な条件、こだわり条件がたくさん上がったところで、絶対これだけは譲れない条件TOP3までを選びます。

部屋探しの際に、この3つの条件は外さず探してみてくださいね。

 

そして、その他たくさん上がった条件に、優先順位を付けていってください。

条件をしっかり決め、整理できている状態で、不動産屋さんに行くことで、営業マンの策略に流されることなく、自分主導で進められるからです。

 

あなたが迷っていると、「こんな感じは?」と、どんどん営業マン主導で提案され、もうワケのわからない状態になってしまう可能性があります。

 

2.必ず内見へ

紹介された中で、気になる物件は必ず内見しましょう。

 

十分過ぎるくらいの画像データや、近隣の様子もパソコン等で確認できることが多いですが、もし「この物件にしたい」というのなら、尚更です。

データからはわからない実際の広さや日当たり、周りの状況などを自分自身でしっかり確認した方が、「イメージと違った」などといった失敗には繋がりにくいものです。

内見が必要な理由を詳しく説明しています。

内見は必ず必要?内見する時間帯は?内見する意味とオススメ時間帯
(この記事は2018年11月に更新しています。) 最近の部屋探しは、ネット検索だけで実際に内見しなくても十分なほど、部屋の様子を見ることができます。 たしかに物
2018-05-10 23:05

 

ただ、不動産屋さんにも繁忙期があり、引越しシーズンと言われる3月前後や、9月前後はその日の内見が難しかったりする場合もあり、内見だけではなく、窓口で相談すらできない場合もあります。

そんな時期は、確実に対応してもらえるよう”予約”するのがオススメです。

不動産屋に予約は必要?するとしないの差は?予約方法を紹介!
部屋探しに不動産屋に行く際、予約は必要? そう思われる方がほとんどだと思いますが、断然予約してから行くことをオススメします。 特に繁忙期とも言わ
2018-03-08 16:24

 

そして繁忙期は、次から次へと、空室がどんどん決まっていきます。

数時間前までは空いていたのに、”満室”なんてことも、実際にめずらしくはありません。

迷っている間に決まってしまうことがあるので、スムーズに内見するには、事前に準備しておくのがオススメです。

内見時のポイント!あると便利・持っていくと良いものとは?
部屋を探して不動産屋へ! 気になった物件は”内見”する方がほとんどです。 実際に内見に行った時、「あれ、持ってくればよかった~」となったことはありませんか? 今回
2018-05-11 14:14

 

3.気に入った部屋が見つかったら?

「入居申込書」などを記入し、気に入った物件へ入居の申込み」をします。

 

基本的に、とりあえずキープするような”予約”は不動産業界ではほとんどできません

 

例えば、「両親に報告してから」や「駅まで実際に歩いてみてから」とか、「あの家具が入るのかだけ確認したい」などの、「○○に問題がなければここに決めます」というような予約であれば、認めている不動産屋さんも多いです。

 

ただ、繁忙期なら長くても当日中、それ以外の時期でも2~3日ならOKといったところです。

 

せっかく良い物件が見つかったのに、ちょっと保留しているうちに、別の方から決められてしまったなんて、残念なことにならないように、部屋探しに行くときは、事前にできる準備は進めておきましょう^^

 

無事、入居の申込が済んだら、「入居審査」があります。

審査と言っても、あなたの近辺と嗅ぎまわるようなものではなく、保証人へ確認の電話をしたり、勤務先の情報調べたり、大家さんと相談したりといったところです。

ただ、管理会社によっては、とにかく細かい書類審査があるところもあります。

審査方法は特に決まりはなく、管理会社や大家さんの判断、クレジットカード会社へ加入(家賃の支払い)や家賃保証会社の審査などで判断されることがあり、その審査がNGであれば、入居を断られる場合もあります。

入居審査の仕組みは?落ちる原因と審査に通るためには?
アパートやマンションなどの賃貸物件を借りる時には、内容や方法は違っても必ず「入居審査」というものがあります。 簡単には「安心して貸すことができる方」なのかどうかを総合
2018-05-10 01:10

 

そして、この審査が通れば、あとへ入居へ向けて、契約をいつにし、入居はいつからか、などと話が進んでいきます。

の後のキャンセルは、基本的にすることができません。

もしどうしても、やむを得ない事態になった場合は、早めに担当者へ連絡しましょう!

http://roas01.com/cancel-751

 

4.まとめ

はじめて部屋探しをする際の流れや注意点について、まとめました。

入居してからのトラブルを防ぐためにも、最初の物件選びはとても大切です。

希望の条件をしっかり決める

■条件に絶対譲れない条件TOP3を決め、他の条件には優先順位をつける

内見は必ずする

■スムーズに内見できるように準備をしておく、あったら便利なものを用意する

■気に入った物件があったら、すぐ申込みできるように準備をしておく

これが部屋探しのコツです。

このコツさえつかんでおけば、きっといい部屋探しができるはずです。

この後の入居までコツを、また別にまとめてご紹介していきます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

 

コメントを残す