2018年宅建合格に向けて!勉強時間とスタート時期は?

スポンサーリンク

2018年の宅建合格を目指して、勉強をスタートさせようと思っている方が多いのでは?

そこで気になるのは、

何か月前から、勉強をスタートさせたらいいか?
合計何時間くらいの勉強時間が必要なのか?

ではないでしょうか?

今回は、宅建合格に向けての必要勉強時間と、スタートするタイミングにまとめました。

 

1.勉強時間とスタート時期は誰でも同じ?

一般的に言われている勉強時間やスタート時期は、知識があるかないかによっても違ってきます。これまで、内容に触れた勉強をしたことがある方、経験者、現役の不動産営業マンなど、いろいろと人により差があります。

 

2.必要な勉強時間

”大学で民法を勉強した””不動産業界に勤務している・した経験がある”などで、基礎知識がある場合は、大体トータル200時間。

それと反対に、全く何の知識も経験もない場合は、大体トータル300時間の勉強時間が必要と言われています。

 

  • 基礎知識あり=200時間程度
  • 基礎知識なし=300時間程度

 

そして、スタートするタイミングは、あなたの毎日の生活スタイルによって違ってきます。

 

2.スタートするタイミング

あなたの毎日のタイムスケジュールは、どんな感じですか?

そこから、勉強時間を確保しようとする場合は、1日あたり何時間くらいできそうですか?

仕事をしている方、子育て中の方、介護で忙しい方など、それぞれの事情がおありかと思います。

でも、1日2時間の勉強時間は確保するとして、1ヵ月30日でざっと計算してみると…

 

  • 基礎知識あり=200時間÷2時間/1日÷30日間=3.333…ヵ月
  • 基礎知識なし=300時間÷2時間/1日÷30日間=5ヵ月

 

となります。

でもこの計算だと、毎日2時間の勉強を想定しています。

毎日、休みなくって、しかも3ヵ月以上もって、想像しただけで辛くなりますよね^^;

なので、どうしてもテキストを開く気もしない日や、友人や家族との大事なイベントの日だってあるわけです。

そんな日に、焦りなく罪悪感なく休むためにも、予備日も日数に含めましょう^^

 

  • 基礎知識あり=3.333ヵ月+予備日=4ヵ月以上
  • 基礎知識なし=5ヵ月+予備=6ヵ月以上

 

と、こんな感じになります。

試験が毎年10月中旬に行われます。

もうそんな時間がない方は、早めにスタートし、一日の勉強時間を増やしていきましょう!!

 

この期間、日々コツコツと勉強を進めていければ、合格する可能性は十分だと思います^^

勉強さえしっかりできれば、必ず合格できる試験です!

 

4.まとめ

宅建合格に向けて、一般的に必要とされる勉強時間についてまとめました。

必要勉強時間は

 

◆基礎知識あり:200時間

200時間÷1日2時間の勉強時間+予備日で4ヵ月前から

 

基礎知識なし:300時間

300時間÷1日2時間の勉強時間+予備日で5ヵ月前から

 

2時間/1日勉強するとし、お休みややる気のない日も含めると、基礎知識ありの方は6月スタート。基礎知識なしの方は4月スタートです!

勉強時間がしっかり確保でき、その期間のモチベーションが維持できれば、合格が見えてくるはずです^^

 

合格を目指す方の何かの力になれたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

 

コメントを残す