宅建に独学で合格を目指す!テキスト選びに迷ったら?

 

スポンサーリンク

2018年10月の宅建を目指し、勉強を始めようとしている方、何を用意したらいいか迷っていませんか?

下調べせずに書店へ行ってしまうと、その種類の多さに迷ってしまいますよね。

1冊3,000円前後するものが多いので、「失敗はしたくない!」

そんなあなたに、用意するものと、数種類のテキストをご紹介します。

2018年宅建合格に向けて!勉強時間とスタート時期は?
2018年の宅建合格を目指して、勉強をスタートさせようと思っている方が多いのでは? そこで気になるのは、 何か月前から、勉強をスタートさせたらいいか? 合計何
2018-04-16 12:42

1.最低限準備するものは?

  • テキスト1種類一式
  • 過去問題集

 

ずばり、この2種類のみで十分です!

なので、できるだけ細かく詳しくまとめられてテキストがオススメです。

中には、1冊だけに全ての要点をまとめたものや、短期間集中型などのような、大まかに内容を掴めるものもあります。

何度か試験を受けている、業務経験があるなどであれば、十分かもしれません。

でも、初めて宅建の勉強をする場合は、内容が不十分だったり、説明が詳しくなかったりと、あまり深く理解できない部分が必ず出てきます。

 

実際に私は、通信講座のユーキャンで勉強しました。

テキストと、過去問、添削課題を繰り返し勉強し、他のテキストは買っても見てもいません。

試験近くなり、自分の実力を試すために、書店で売っているユーキャンの過去問と、提出型の模擬試験を追加しましたが、勉強自体はテキストと過去問のみです。

 

2.一種類、一冊ずつをすすめるワケ

その2種類を隅から隅まで勉強し、理解する方法が合格への近道だからです。

まずは合格を目指すことが目的です。

勉強していると、すごく興味が沸く内容も確かにあります。もっと詳しく知りたいとか、他の場合はどうなんだろう?などと、深くのめり込んでしまうと、方向が変わってきてしまいます。

まずは、

テキスト

その部分の過去問

過去問の解説

その部分のテキスト

これを繰り返し、理解を深めることが一番大切だと考えています。

上辺だけ覚えたつもりだと、形を変えて出される問題に対応できなくなってしまいます。

宅建試験勉強が続かない、集中できない…そんな時は?
2018年宅建試験合格を目指し、毎日勉強に励まれている方! やる気はあるのに、なかなか集中できない… もっと集中力が上がれば、効率よく勉強できるのに… そう思ったこと
2018-04-20 14:18
記憶力を鍛えるトレーニング?これで宅建試験合格を目指せ!
宅建の勉強をしていると、覚えなきゃいけないことがたっくさん! 35条に37条?重説?やら用途地域?やらで、脳みそパンパン状態(笑) いやいや、笑いごとじゃな
2018-04-21 13:43

2-1.追加するならオススメのテキストは?

宅建の内容に”民法”が含まれます。その内容はなかなか難しく、テキストだけではわかりにくい、理解できないと言われる方も多いようです。

その補足資料としても、評価が高いのがこちらです。


宅建の勉強に役立てている方や、読み物として読まれている方など、わかりやすくとても役に立つ本として、高い評価を受けています。

 

3.どの種類を選べば良いのか?

書店で気になったもの、目立つように並んでたものを、アマゾンのレビューでまとめてみました。
画像クリックで、実際のレビューを確認できます。

3-1.先にテキストを選ぶ

2017/10/18発売・3,240円

5つ星のうち3.8
4つが1番多く約半数の方が付けている(21件のレビュー)
・カラー図などあり、見やすく頭に入りやすい
・初めての勉強に内容がわかりやすかった
・フォントに特徴があり、人によっては気になる
・内容が薄い権利関係などは、これ1冊で合格は不安

 

2017/12/23発売・3,240円

5つ星のうち4.5
☆1~2と評価した方が0(17件のレビュー)
・内容がわかりやすい、上手にカラーや図、表などで仕上げられている
・難しい法令関係もわかりやすくまとまっている
・分厚く重いが、テーマごとに分冊でき、持ち運んで勉強する時に便利
・最初からこれにしておけばよかった、合格まで持っていってしまうテキスト

 

2017/10/21発売・3,240円

5つ星のうち4.6
6割以上の方は☆5つ評価(23件のレビュー)
・オールカラーでイラストと余白が多め、文章だけより頭に入りやすく、書き込み学習向き
・かみ砕いた説明、図表やイラストで理解しやすい、中高生にも理解できるほどの親切な内容
・テーマごとに分冊でき携帯に便利、かわいい付箋やメモがついているのもうれしい
・初心者向けの理解力を重視し解説されている
・収録レベルはできる限り設定されていて、本書だけで試験に挑むのは無謀

 

2017/11/22発売・3,240円

5つ星のうち4.6
7割近いの方は☆5つ評価(18件のレビュー)
・テーマごとに分冊できるので持ち運び便利
・このテキストで1発合格した、基本が詰まった無駄のない1冊
・かわいい動物のキャラクターが登場し、事例や例題も頭に入ってくる、勉強していて楽しい
・事例や図表でわかりやすい解説
・合格までに十分な1冊

 

2017/12/13発売・2,484円
※こちらのテキストは「権利関係」のテキストになります。他にも、勉強に必要なのは「宅建業法」と「法令上の制限・税・その他」のテキストです。必ず必要になるので、注意してくださいね。

5つ星のうち4.1
5つは約4割(19件のレビュー)
・各章ごとに過去問の傾向が記載、頻出度によりランク分けされわかりやすい構成
・かなりすっきりまとまっていて、頭の中を整理できる。
・合格点を取るための勉強に向いている
・オーソドックスなテキスト、ベーシックなテキストで2色刷り

と、5冊ご紹介しました。
気になるテキストがあった場合は、是非書店で中をご自分で確認してみてから、決めてください。

いろいろな評価も人それぞれなので、やっぱり実物を自分の目で確認するのが一番です。

第一印象や、内容の読みやすさなど、評価に合わせ選んでみてくださいね^^

3-2.過去問題集を選ぶ

大体のテキストは、過去問題集も一緒に作っています。

無難にそれを選ぶのがオススメです。

理由としては、テキストと過去問題集を行ったり来たりしながら、勉強を進めていくからです。

リンクしていることも多く、勉強のしやすさや、知りたい内容を探す手間も省くことができます。

 

4.まとめ

勉強を始める時に準備するものは、テキスト一式と過去問です。
合わせて、民法の本も買われている方も多いようです。

一番は、自分で実際に見て確かめてから、選ぶのがオススメです。
長い時間付き合うテキストなので、納得いくものを見つけてくださいね。

 

テキスト選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

コメントを残す