賃貸・ベランダとバルコニーは違う?違いを知り物件を見極める

 

賃貸の物件資料を見ていると、よく目にする「ベランダ」「バルコニー」

内見に行き、実際に見て確認できれば、ハッキリ言って”ベランダ”でも”バルコニー”でも、その呼び方はどっちでもいいですが…

でも、その違いを知っていれば物件の見方も変わってきます♪

 

この表示については、不動産屋に入社して、物件資料を見ていて、疑問に思ったことのひとつです。

同じような感じでも、実は違う「ベランダ」と「バルコニー」

 

今回はベランダとバルコニーについてまとめました。

スポンサーリンク

1.ベランダ、バルコニーの違いは何?

大きな違いは屋根があるかないか。

簡単には、ベランダは屋根あり、バルコニーは屋根なしの、建物の建物の外側についたスペースのことです。

伝わるように画像を用意しました^^

これがベランダです。

 

次はバルコニーです。

どうでしょう?わかりましたか?

では、それぞれについて詳しく^^

 

2.ベランダとは?

「ベランダ」とは実はポルトガル語で、直訳すると「建物の外に張り出した部分」という意味があるそうです。

そして、その張り出したスペースは人歩くことができること。屋根があることがベランダの特徴です。

3階のベランダは、2階のベランダの屋根になっていますよね。

それがベランダといったところです。

そのため、スペースが限られてしまうことが多く、あまり広くない場合が多いですが、屋根付きなので、雨の日に洗濯ものを干すことができます。

 

他にも、非常用階段が設置されていたり、隣のベランダとの間には、簡単に破ることのできる仕切りが使用されていたりと、避難経路として利用されることも多いのも、このベランダの特徴です。

そのため、ベランダはアパートやマンションの共用部分として扱われ、万が一の際の逃げ道は確保しておく必要があります^^

 

ベランダ】

☑建物の外に張り出したスペース

☑屋根付きなので、雨の日も洗濯物を干すことができる

☑避難経路として利用されている場合は、逃げ道の確保が必要

 

 

3.バルコニーとは?

「バルコニー」は、今度はイタリア語です。建物の外に張り出した手すり付きの屋根のないスペースという意味になります。

海外の映画によく出てきそうな、おしゃれな感じですね。

そして、この手すりの高さは、建築基準法で決められていて110m以上の高さのものが必要になります。

 

※110mというと、うちの小1の子供よりも低い高さになります。

「危ない」と判断できる年齢になっている場合もありますが、小さいお子さんのいる家庭では、十分な注意が必要です。

 

他には、屋根がある必要がない分、スペースを広く取っている場合が多いのもバルコニーの特徴です。

ベランダに比べ、日当たりが良いことも多く、ガーデニングや家庭菜園を楽しんでいる方も多いようです。

※もちろん、ベランダで楽しむこともできます!

ただ、水やりの際は下の階にかかってしまうこともあるので、トラブルにならないためにも注意しましょう。

 

【バルコニー】

☑屋根のない屋外へ張り出たスペース

☑手すりがある、転落防止の配慮が必要

☑屋根がないため、日当たりが良い

☑ベランダよりも広めに作られている場合もある

 

ベランダとバルコニーの大きな違いは、「屋根のありなし」ですが、賃貸物件の間取りを作成するのは、必ずこの違いがわかっているスタッフとは限りません。

 

正直私も、入社してすぐ、違いについては特別疑問に思っていなかったこともあり、なんとなく古そうな感じの建物は「ベランダ」、洋風なおしゃれな感じの建物は「バルコニー」なんて表記していたこともあります(・・;)

 

そしてその図面が、大家さんや他の不動産屋さんにも、出回ることもよくあるので、必ずしも「物件の間取り図」が合っているとは言い切れないんです。

これは、ベランダ・バルコニーの表記に限らず、ということです。

 

そういった面でも、必ず内見は必要です!

内見は必ず必要?内見する時間帯は?内見する意味とオススメ時間帯
(この記事は2018年11月に更新しています。) 最近の部屋探しは、ネット検索だけで実際に内見しなくても十分なほど、部屋の様子を見ることができます。 たしかに物
2018-05-10 23:05

 

4.ベランダ・バルコニーの活用方法

避難経路になっている場合は、逃げ道を確保することが必要です。

その場合は、逃げ道をふさがないように上手に活用してくださいね^^

 

4-1.プランターで家庭菜園

狭いスペースでも育てられるものがたくさんあります♪

いろんな料理にも使える長ネギ。スーパーで買ってきたもの根の部分を水や土にさしておくと、立派に育つそうです。

ミニトマトも家庭菜園の王道ですね^^

他にもバジルも一株あれば、十分な量の収穫が可能です。
我が家で育てた2株のバジル、とてもすごい量の葉っぱでした^^;

他にも、収穫まで短期間が魅力なラデッシュも、小さめのプラン―で栽培可能です。

 

4-2.バルコニーでDIY

ウッドパネルを敷き詰めたり、室外機カバーを使用したりするだけでも、印象がガラっと変わります。

いろいろな工夫がされているブログをご紹介しますね^^

参考:「ベランダDIY作戦の記事 トントン拍子」より

こんな感じで、自分好みに活用するものいいですね^^

 

4.まとめ

ベランダとバルコニーの大きな違いは、屋根があるかないかです。

天気を気にせず、洗濯物はベランダに干したいと考えている方は、ベランダ付きの物件。

そして、日当たりが良いスペースで、ガーデニングを楽しみたいというは、バルコニー付きを探してみるのもいいですね^^

それぞれに、避難経路を確保や、転落防止の配慮が必要な場合があります。

 

物件資料の図面だけでは、実際のところはわからない部分でもあるので、内見の際に確認してくださいね。

ベランダとバルコニーの違いを知っている方は、それほどいません。

不動産屋さんで驚かれるかもしれませんね(笑)

 

この情報が、物件探しのお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

コメントを残す