【民間資格編】不動産の資格は何がある?受験詳細と難易度は?Part.1

転職のため、スキルアップのためなどといった理由で、不動産の資格を取りたいと考えている方はたくさんいますよね。 この記事では、よく知られている有名な「国家資格」ではなく、「民間資格」をご紹介していきます。 まだまだ認知度も低い資格も合わせると、結構な数になります。 下の「目次」から、気になった資格へジャンプし読んでいただければと思います。 それでは一気にいきますね

続きを読む

持ち家なのに転勤・家はどうする?リロケーションとは?

「転勤の話がきている」 身軽に転勤できる状況ではないと 「家族の仕事は?」 「子どもの学校は?」 「家はどうする?」 などといった、決断しなくてはいけないことがいろいろですよね。 この記事では、「持ち家の場合の転勤」について、その家をどうするか? その方法のひとつに、家を手放さずに、時期がきたら持ち家に戻ることができる方法をご紹介します。 1.持

続きを読む

引越しの挨拶は必要?女性の一人暮らしは避けるべき?

引越しをすると、気になることの一つとして「引越しのあいさつ」がありますよね。 ただ「あいさつ」と言っても 「するのか?しないのか?」から 「どこまで?どのタイミングで?どんなふうに?」 と、細かいところまで、その疑問はそれぞれです。 そんな疑問を解決するため、「引越し時のあいさつ」について、詳しく解説していきます。 1.一人暮らしでも必要?

続きを読む

家を売却する際の注意点・失敗しない不動産会社選びは?

家を売る理由は、それぞれ違いますが、さて、何から始めたらいいでしょうか? 気になるのは、まず「いくらで売れるんだろう・・・」ということではないでしょうか? その疑問を解決するためには、不動産会社に物件の査定を依頼します。 が、 「どこの不動産会社に、依頼したらいいかわからない」 という場合が多いのではないでしょうか? その不動産会社選びを間違うと

続きを読む

DIY賃貸・壁やキッチンにトイレどこまでOK?

suumoより発表された2017年 賃貸契約者動向調査(首都圏)によると、3年連続の上昇、過去最高の結果となったのが、DIY実施経験率でした。 TVでもDIY特集が組まれたり、インスタや専用アプリでもたくさん紹介されていますよね。 でも、気になることもありませんか? 「借りている部屋、どこまで大丈夫?」 「退去の時にビックリするほどの請求がきたら、どうし

続きを読む

賃貸VS持ち家・どちらがいい?実際に経験し思うこと

先に謝っておきます。 タイトルに対して「正解」はなく、”ずっと賃貸”でも”持ち家”でも、良い悪いは人それぞれです。 どちらの場合でも、それぞれのメリット・デメリットがあります。 あなたの生活スタイルや、こだわり、考え方によって、どちらが「自分たちに合っているか」がある意味「正解」じゃないかと思います。 「アパートの更新時期なんだけど、

続きを読む

【坂上&指原のつぶれない店】ボビーの不動産経営・どんな物件?

株や為替、仮想通貨の投資で購入資金を稼いだというボビー・オロゴンさん。 カタコトの日本語に、おとぼけな感じのイメージは結構昔の話ですね。 貿易関係のビジネスマンである父の影響か、ボビー自身も6歳頃から投資の経験を積んできたそうです。 さて、今年4月の放送された「坂上&指原のつぶれない店」で、1棟買いした3憶円の中古マンションですが、その後の様子はどうなって

続きを読む

UR賃貸とは何?わかりやすく解説します!

引用:https://www.ur-net.go.jp/chintai/whats/ 吉岡里帆さんのCMが気になる「UR賃貸」 って何? 普通の物件と何か違うの? 何も知らなくても大丈夫! そんなあなたの疑問を解消するために、わかりやすく解説していきます♪ 1.UR賃貸とは何? 「団地」と聞くとどんなイメージですか?

続きを読む

住宅ローンの滞納・最悪の事態を避けるためにも知っておくこと

住宅ローンの支払いを、継続していくのが難しくなったら、どうしますか? 滞納・・・? 支払いが難しくなる理由はそれぞれ違いますが、やっぱり「滞納」し続けるのはよくありません。 「わかってはいるけど、どうしていいかわからない」 そのまま現実逃避を続けると、取り返しがつかない事態になりかねません。 まずはその通知、開封して確認してみましょう。 1.

続きを読む

離婚を決意!家はどうしたらいい?住宅ローンはどうなる?

つい先日、友人から電話が・・・ 「家、売ろうと思うんだけど、売れるかな~?大体いくらで売れそうかな~?」と。 「突然どうしたの?」との問いに、「実は・・・」とポツリポツリと理由を話し始めました。 家を売るワケは「離婚」 今の日本では3組に1組が離婚している時代と言われているので、全然めずらしいこともないし、私にももちろん可能性があるわけです。

続きを読む