宅建に独学で合格を目指す!テキスト選びに迷ったら?

2018年10月の宅建を目指し、勉強を始めようとしている方、何を用意したらいいか迷っていませんか? 下調べせずに書店へ行ってしまうと、その種類の多さに迷ってしまいますよね。 1冊3,000円前後するものが多いので、「失敗はしたくない!」 そんなあなたに、用意するものと、数種類のテキストをご紹介します。 http://roas01.com/studystart

続きを読む

2018年宅建合格に向けて!勉強時間とスタート時期は?

2018年の宅建合格を目指して、勉強をスタートさせようと思っている方が多いのでは? そこで気になるのは、 何か月前から、勉強をスタートさせたらいいか? 合計何時間くらいの勉強時間が必要なのか? ではないでしょうか? 今回は、宅建合格に向けての必要勉強時間と、スタートするタイミングにまとめました。 1.勉強時間とスタート時期は誰でも同じ? 一般的に言われ

続きを読む

ペット可物件のトラブル・こんな時はどうする?対処法とは?

アパートやマンションのような集合住宅には、付きものと言ってもいい「ご近所トラブル」 いろんな方が住んでいて、それぞれ考え方が違うわけなので、仕方がないことですが、できればトラブルなく穏やかな暮らしが理想的ですよね。 その中でも多くなるのが「ペット可物件」でのトラブルです。 今回は、そんなペット可物件であるトラブルの対処についての話。 1.ペット可の物件事情

続きを読む

ペット不可の賃貸物件・申告が必要?バレなければいい?

(この記事は2018年11月に更新しています。) 「今住んでいるアパートやマンションが、ペット可ではないのを知りながら、こっそりとペットを飼っている」 バレなきゃ大丈夫!と思いつつも、もしもの時不安ですよね? もう飼ってしまった以上、簡単に手放すことはできないペット。 このペット不可の賃貸物件でこれからどうしていいか?どうなるのか?を解説していきます。

続きを読む

ペット可賃貸物件は高い?安い物件の理由とは?探し方のポイント

(この記事は2018年11月に更新しています。) 「ぺット可物件を借りたい」と思っているあなた。 もうネット検索していますか? ペット可の賃貸物件、高いか安いかのどちらかの物件が多いですよね。 ペット可物件をお探しなら、押さえておきたいポイントを解説していきます。 1.2種類のペット可物件 新築される賃貸物件の中に、はじめから「ペット可」

続きを読む

住んでいる賃貸が建て替えに?退去や費用はどうなる?

今住んでいる賃貸住宅は、築何年の建物ですか? 建物は古くても、劣化などで設備が新しくなっていたり、リノベーションされていたりと、外観からでは想像もできないような物件はたくさんあります。 でもやっぱり、そんな建物でも年数が経つごとに古くなり「老朽化」してくるわけです。 その時にどうするかは、大家さん次第なんですが、建て替えとなった場合は入居者はどうなるんでしょうか? 賃貸物件

続きを読む

日テレ『沸騰ワード10』朝ドラ俳優・大野拓朗の家探しがすごい!

日本テレビで4月6日に放送された『沸騰ワード10』 その中で、食い入るように見ていたのが、あの朝ドラ俳優の徹底した”家探し” その、今話題の朝ドラ俳優とは? 1.マイホームを探し始めて5年という俳優は? ついこの間まで、NHK「わろてんか」で漫才師のキース役を演じていた”大野拓朗さん” その前の前の前(笑)の「とと姉ちゃん」にも出演していたのを覚えていますか? あの盛り

続きを読む

住宅ローンの審査は何が基準?主に考慮されいる1~10

マイホームの購入を決意し、住宅ローンを組む予定なんですね? ローン審査が通らなければ、そのせっかくの決意も、どこへ向ければいいのか、わからなくなってしまいますよね・・・ 住宅ローンの審査書類を提出して、結果がでるまでの数日間。 インターネットで「住宅ローン 審査」について調べまくっていませんか? そんなあなたへ向けて、住宅ローンの審査では何をみられているか?について

続きを読む

固定資産税の支払いはいつ?払えない時はどうなる?

(2020.5.15更新) 固定資産税の納期はいつ? 固定資産税の支払いが納期までにできなかったらどうなる? コロナによる猶予や免除はある? 固定資産税をクレジットカードで支払うことはできる? 1.固定資産税の納期(支払時期)はいつ? 実は納期(支払時期)は、各自治体ごとに条例で決められているため、お住まいの地域ごとにバラバラ。 ただ、共通することは、年4回に

続きを読む

旗竿地のメリット・デメリットとは?購入前に知っておくこと

土地探しをしていると、一度は出会うことのある「旗竿地」 他にも、不動産業界では”敷地延長”や略して”敷延”などとも呼ばれています。 建築基準法に「建築物の敷地は、幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない」といったものがあります。 なぜ、この旗竿地のような土地ができるかというと… 道路に面している細長い土地があり、一般の住宅用の土地としては大き過ぎるなどの理由

続きを読む